スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

L'etymologie de "racaille" ~「ごろつき/社会の屑」の語源~

 2005-11-15
前記事に引き続き、k. shimozawaさんのブログ参照のうえ「racaille(ごろつき/社会の屑)」という言葉についてちょっと付け足したいと思います。

先日、友人とご飯を食べに行った折、最近の一連の出来事の話になり、彼女(日本人)に「racailleって実際どういう風に使われる言葉なんだろう?」と聞かれ、そう言われるとまともに答えられないな~と戸惑いつつもちょっと知ったかぶりしてしまった。

で、k. shimozawaさんによると「その語源はラテン語の動詞、《radere》まで遡るらしい。すなわち、「削る」「そり落とす」の意味である。これは今日の仏語の動詞、《racler》《gratter》の意味とほぼ重なり合っている。」とのこと。
また、久々に更新されたfenestraeさんのエントリ(相変わらずキレ味が良いというか何というか。読みやすくわかりやすくスマート。今回の郊外の出来事に興味のある方は読んでみてください。)の中で紹介されていた「Arret sur images」という番組の録画を見ていたら、「racaille」についての解説がありました。7分30秒の辺りから約2分半間です。(fenestraeさんは別の主旨でリンクされていたのですが。)
それによると、やはり「racaille」は語源的に「racler(削り取る/ひっかく)」であり、削り取られたカス・屑が「raclure」とのこと。ちなみに、私の仏和辞書(三省堂クラウン)でも仏仏辞書(Le Robert micro)でも「raclure」は「dechet(屑/廃物)」と同義であるとされています。
そして、郊外の住人たちは、このサルコジ内相が意味するところは彼らが「salete(汚物)」であるということだ、と解釈しています。
更にこの解説の中で言われたことには、「私が不良たちを片付けましょう」というサルコジ内相の発言の中で用いられた「debarasser(片付ける/取り除く)」という語は、「物」に対して使う言葉であって「人」に対して使うのは不適切である。ひっくり返せばサルコジ内相は「racaille」を人として扱っていないということ。
ところで、サルコジ内相が「racaille」という語を使ったことに関して、彼を擁護する立場の人は「親近感を狙って大衆的な言葉を使おうとしたのだ」と説明したりしていますが、オランド社会党書記長は「内相は皆と同じ言葉遣いで話をすることはできない」と批判。
最後に、これはフランス語習得経験のある方でないとわかりにくいかと思いますが、サルコジ内相は単数定冠詞を用いて「la racaille」と発言、すなわち一般性(generalite)の意味合いがあり、各個人は「お前達は皆同じだ」「皆一緒に同じごみ袋へ入れる」と言われているものと受け取る、と指摘されています。

この「racaille」という言葉、私は今までにフランスで数回しか聞いたことがないと思うのですが、フランス語初心者の方でもすっかり覚えてしまったことでしょう。あまり覚えるべき言葉ではないような気がしますが…。

L'etymologie de "racaille" ~「ごろつき/社会の屑」の語源~ の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。