スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

"Racaille" et "delinquant" ~「ごろつき/社会の屑」と「少年犯罪者」~

 2005-11-10
木曜日、France2ではゴールデン・タイムに「Envoye special」というルポルタージュ番組をやるのですが、今日はそれが後回し(時間繰り下げ)になり「A vous de juger」という討論番組をやっていました。テーマは「Banlieues : comment s'en sortir ? (郊外:どうやって切り抜けるか?)」。つまりは、フランス社会にとって非常事態である、連夜の郊外の暴動についての緊急討論会でした。

私は途中で見るのをやめてしまったのですが、最初にサルコジ内相が出てきて長いこと喋っていました。
20051111012637.jpgその中で、司会のアルレット・シャボ女史が「あなたのごろつき(racaille)という語の使用について批判があがり、サッカー選手のチュラムが『自分に向かって言われているようだ』と言っていましたが?」というような質問をしました。(これについて弁明する機会をサルコジ内相に与えようということで用意された質問なのだろうな~…なんて思ってしまいましたが。)サルコジ内相は「チュラム選手は私も好きです。彼は郊外を出てからだいぶ経っているし、素晴らしい成功もしている。何故自分のことと受け取るのかわかりません。」と答え、「すべての『若者(jeune)』が暴動に加わっているわけではない。そうやって一緒くたにするべきではない。車やバスに放火し、商店を壊し、人に危害を加える、それは『若者』がやることではない。『少年犯罪者(delinquant)』です。私は彼らを指して『ごろつき(racaille)』『不良(voyou)』と言ったのです。」という主旨で弁明。

もっともだと思う点はあります。暴徒たちは「郊外の若者」ではあるが、すべての郊外の若者が暴徒なのではない。サルコジ内相はちょっと前に「あのような暴徒たちを『不良(voyou)』と呼ばなくて何と呼ぶのか」と発言したことがあり、そのときは、まあたしかに…と納得したりもしました。おとなしくしている若者たちまで暴徒と一緒にされたのではあんまりだよなあ~と。
それにしても、それ以前に用いられた「racaille」という言葉は感情を逆撫でするのに十分なように思えました。日本のメディアでは「ごろつき」と訳されて報道されていますが(うーん、でも日本語でも「ごろつき」なんて最近言わないよねえ??)、「社会の屑」という意味もあります。要は語感なのか?とちょっと考えていました。(きっと言語学か何かの専門用語がちゃんとあるのでしょうが、知らないので「語感」と言ってしまいます。)
私は今回の暴動を「郊外の若者の不満や怒りが爆発した」と捉える観点を支持します(だからと言って許される行為では勿論ありません)が、暴徒を「社会の屑」と名指し「寛容ゼロ(tolerance zero)」で取り締まると言うとき、そう発言する人は彼らが「社会の屑」扱いされているが故にこういう行動に出たのだ、とは考えないのだろうなあと思ってしまいます。

しかし、今夜のTV討論で気付いたのは、語感の問題だけではないということ。
サルコジ内相は「ごろつき/社会の屑(racaille)」「不良(voyou)」と「少年犯罪者(delinquant)」を一緒のものとして話しています。
連日連夜、街で車や建物に火をつけたり、市民を襲ったりする若者たちは「少年犯罪者」です。異論なし。
でも何故それだけじゃダメなのか?単に「少年犯罪者」とか「犯罪者(criminel)」と呼ぶだけではダメなのか?
「ごろつき/社会の屑」や「不良」という言葉は法的な用語というよりは、社会的価値観を含んだ言葉ではないでしょうか。
サルコジ内相のディスクールは社会的価値観と法律を混同しているのではないでしょうか。

かつて狂人と同性愛者と窃盗犯や殺人犯、売春婦らは、犯罪者としてまとめて収容所に入れられていたという話をふと思い出してしまいました。

"Racaille" et "delinquant" ~「ごろつき/社会の屑」と「少年犯罪者」~ の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。