スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Derreier les emeutiers ? ~暴徒たちの背後に組織があるかどうか~

 2005-11-04
パリ郊外の暴動騒ぎは全く収まる気配をみせません。

屋外車庫で市バスが数台焼かれたり、乗客を乗せていたバスが襲われたり…。
店の窓ガラスが割られたり、倉庫が放火されたり…。

一部では、これが自然発生的なものではなく組織的なものではないかという見方があります。サルコジ内相もこうした見解に触れており、「誰に、どのように組織されているのか調査している」とのこと。

これがイスラム原理教組織と関係があるのではないかという人も。
もともとは信仰のない若者を改宗させ、イラクへ戦士として送り込んだイスラム原理教組織がパリ市内で見つかっており、政府はこれを危険視しているという背景があります。特に今回問題の起きている地区は移民家族が多く、ムスリムも多い。そういった環境にある若者たちを潜在的ジハード戦士候補者として組織が狙っている可能性は高い。なので、今回の暴動とイスラム原理教組織を結びつけるという考えは、それほど突飛なこととは言えません。
実際、現場でイスラム教信者の容貌をした人物を目撃したという情報もあるようです。
しかし、実はこうした人物は、状況を鎮めるため暴徒と国家保安部隊との仲介役を果たしているのだそうです。
また、2・3日前に読んだ記事の中では、「ムスリムはこのような暴力を許していないということを説得する」と地元の男性が話していたと書かれていました。
一連の暴動をイスラム教と結びつけたり何らかの組織があると考えることは仮定の域をでず、断定するには早すぎるようです。
今後、補導された少年たちからの事情聴取によって実際のところが明らかになるのでは、と待たれています。

参照:Le Mondeより
「L'hypothese d'emeutes "organisees" parait peu vraisemblable」
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。