スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Une serie de violences a Clichy-sous-Bois ~パリ郊外における連夜の暴動~

 2005-11-03
この一週間にわたりメディアを騒がせているパリ郊外の暴力。

発端は、10月27日夕方、若者3人がEDF(フランス電力公社)の変圧所にて感電、うち2人が死亡したことに始まりました。この3人は警察の追走を逃れようとしてEDFの敷地内に入り込んだとの情報があり、地元Clichy-sous-Bois(クリシー・スー・ボワ)の若者達が警察に対して反発、その日の夜、数台の車に火を放ちました。
20051104000546.jpgその後、10月29日(土曜日)には沈黙のうちに抗議デモが行われましたが、他方、暴徒と化した若者が警察とにらみ合い、衝突。機動隊も出動するという、かなり危険な様子です。
国家保安部隊と若者の抗争は飛び火し、Clichy-sous-Bois以外の同県内他地区、また他県でも車が焼かれる被害、ショッピングセンターが襲われショーウィンドーが壊される被害などが相次いでいます。
1週間経った今日、サルコジ内相、ド・ピルパン首相、シラク大統領らの呼びかけもむなしく事態は未だ沈静化せず。

こうした事件は内相の管轄。まずサルコジ内相が解決に乗り出す姿勢をみせましたが、「感電死した少年らを警察が追跡したという事実はない」と発言、今回の暴動を続ける若者達を「racaille(ごろつき)」と呼び、批判を惹起。また、遺族はサルコジ内相との面会を拒否、ド・ピルパン首相との会談を要求。首相はこれを果たし、事件の解明を約束しました。
また、事態を重くみたド・ピルパン首相は予定されていたカナダへの外遊を延期。関係閣僚を集めて会議し、シラク大統領から1ヶ月の間に解決するようにとの任を受け、具体的な計画を発表する予定。

Une serie de violences a Clichy-sous-Bois ~パリ郊外における連夜の暴動~ の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。