スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

鼻をかむvs鼻をすする

 2005-10-31
今年度からお世話になるこちらの大学の先生が4日後に日本へ発ちます。
東京の大学で3ヶ月間、セミナーや講演会に出席するのだとか。
奥様と子供さんを連れての滞在だそうで、小学生の息子さんはインターナショナル・スクール(?)へ通わせるのだそうです。

先日、書類にサインをもらうため、先生に時間を割いていただき、少しお話ししたのですが、やはり日本の滞在のことについて多少聞かれました。
まず、「どこを見逃してはいけないか」。
とりあえず「京都」は言っておきました。初めて日本へ行くフランス人と、日本で生まれ育った私とでは、やはり「見所」の感覚が違うだろうなあ…などとぼんやり考えつつ、他にコレといって思いつかず。
すると、向こうから「博物館には行くつもり。広島の。」とのコメント。平和記念館ですね。
次に「自転車はフランスより安全に乗れるのか」。
これはちょっと返答につまり、「フランスと違って自転車は歩道を走りますから、安全といえばそうだけど、歩道が狭いです」と言ってしまいました。でもよく考えてみたら、車はフランスよりずっと安全運転だし、歩行者も自転車に慣れているし、パリの路地裏のせまい歩道に比べれば大抵はずっと広いし…やっぱりフランスより安全ですよねえ。
しかし先生もあまり時間がないようだったし、多分話し始めたらキリがないだろうし、かといって先生もどういうことが問題になってくるかということすら想像つかない状態だろうし、そのときはそれくらいしか話しませんでした。

その後、先生に報告することがあり、メールをしたらすぐに返事がきました。
その返信に「ところで、日本では鼻をかむことはよく思われないというのは本当か?もしそうなら一体どうするのか?」という質問が…。
朝の6時、PCの前で一人笑った私。
なぜそんなことを…??
意外とおもろい人です。
そこで「そうです、日本ではみんな人前で鼻をかむことは嫌がります。フランスと反対で、鼻をすすります。」と書いて返信。
その後、すぐさままた返事が。
「息子が鼻をすすると『鼻をかみなさい』といつも叱っているのに。日本へ行ったらどうやって反対のことを教えればいいのか…。」

先生…もっと他のことを心配したほうがいいんじゃ……。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。