スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Big Brotherのイメージ

 2005-09-26
インターネット回線がやっと安定してきました。
原因不明で繋がらなかったときは、怒りのような悲しみのような途方にくれたような暗澹たる雰囲気が漂う中、思いつく全てを試し、そうこうするうち時間がするすると過ぎていき、この週末は特に闇の空白であったような気分。
しかし、なんとかネットに繋がっている間に、同居人が色々と調べていたのですが、どうも回線の切り替えのせいらしいです。他にも同様の問題を抱えた人たちがどこからともなく流れ着く集会場(インターネット上の)があったそうな。実にありがちなプロブレムということで。なんとなく、ほっ。
で、今日、週明け、ちょっと安定してきたようです。

…って書いてる現在、切れたし。
んで、なかなか繋がらないし…。

それとは別に、ちらしの裏にさらっと書き殴るよろしく、思いつきメモ。
昨日の夜、M6のCAPITALを見ていたら、ディスカウントショップのレポートで昔のスーパーのCMをやっていて、それがアップル社のCMに通じるものがあるなあと感じました。
スーパーの宣伝は、モノトーンの店内でサラリーマン風の紳士がキャディーを押し、その中に商品を機械的に入れていくというもの。彼の後にも同じような紳士が列をなし、皆、同じように同じ商品を入れていく。そして店内放送は「考えずに同じものを買いなさい」。ところが、店内のある扉が開き、そこから色つきの光がもれてくる。外に出ると、カラーの世界。そしてカラフルな商品が並んでいる。「○○(店の名前…失念)は様々な商品をご提供いたします」というようなキャッチフレーズ。
あまり明確な記憶ではないけど、まあそんな感じのCMでした。
(ディスカウントスーパーのレポートの中では、商品選択肢の多様化を宣伝したスーパー云々という関係で出てきました。)
他方、アップル社のCMは、Big Brother(IBMを隠喩)に支配された管理社会となった世界に、アップルが乗り込んで革命を起こすというもの。これも先月の終わりだったか、やはり同じ番組(もしくはZONE INTERDITEか…)でマッキントッシュの歴史を紹介したレポートで見ました。
このBig Brotherとは、オーウェルの反管理社会小説として有名な「1984年」に出てくるもの。実は私はこの小説、恥ずかしながら未読。(そういえば初めて知ったのはヴァン・ヘイレンのアルバム・タイトルから、だった。)
この辺の雰囲気って時代的なものなんだろうなあと、TVを見ながらうっすら感じたんですが、よく考えてみると、実際の年代はいつくらいなのか。
高度経済成長期、大量消費社会の始まりと関係あるのか、とちょっと思ってみた。(が熟考せず。)

  マッキントッシュのデビューCMがちらっと↓
  http://www.d4.dion.ne.jp/~motohiko/macborn.htm

Big Brotherのイメージ の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。