スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Groupe F

 2005-09-18
一昨日、どーんどーん、と花火が上がりまして、「なになに!?花火大会っ!?」とバルコンに出てみたのですが、4発くらいであとは音沙汰なし。なんだぁ~?と思いつつ、夕食続行。しかし約30分後にまた連発花火の音。今度は反対側の窓へ駆けつけてみたけれど、建物が邪魔で煙だけ。どうやらヴィレット公園で催しものをやっているらしい。音楽も聞こえる。と認識しつつも、ろくに調べもしませんでした。
ところが、昨日、また同じくらいの時間にどーんどーんと派手な音。これはもしかして前日のと同じやつ?だとしたら、また30分後には花火があがるよね!?と、同居人とコートを羽織って外に出て見ました。

いやあ、3日ぶりの外の空気はなかなかよかった…。
てか、すっかり秋ですな。秋の夜の空気、なぜかわからないけど、自由になった気がして元気がでてきます。そしてちょっぴりノスタルジー。(単純に新学期の時期だから新しい気持ちになるだけかも…。)

ヴィレット公園へ向かって歩いていると、普段は車の通りが少ない道なのに、路上駐車で埋め尽くされている。この辺にちょっと異常さを感じつつ更に進んでいくと、公園の周りは車やバイクでいっぱい。

20050918234621.jpg公園の敷地中に入ると、やってるやってる、なんか演奏してる、ロケット(玩具)が引火してる…。しばらく進むうちに、公園内はものすごい人ごみだということに気付きました。やっぱり路上駐車はコレのため。
ときどき音楽に合わせて炎が上がり、花火があがり、クレーンに吊り下げられたスポットライトが振り子のように揺れ、全身にイルミネーションを巻きつけた人がゆっくりとうねるように動き…。

後でヴィレット公園のHPを見て知ったのですが、Groupe Fという、花火パフォーマンス集団によるライヴだったのですね。
20050918233415.jpgこのグループは様々な機会に仕掛花火のショウをやっています。例えば1999年から2000年になるときのエッフェル塔の花火。(あれは派手だったぁ~。ほぼ真下でみて、昼のように明るなって、まぶしすぎてなんだかわからなかったんだけど…。)それから去年のアテネ五輪開会式と閉会式。(そういえばTVで見て、フランス人アナウンサーが「花火はとても期待されてますよ」みたいなことを言っていた。)その他には、シンガポールのオペラ座落成式やロンドンのミレニアム・ブリッジ開通式などでも担当したそう。
今回は特別に彼らのショウで、しかも2日連続の大盤振る舞い。音楽、生演奏ギターあり、イルミネーションの人間パフォーマンスあり、も特別。

今回のショーのフィナーレは、舞台の左右から45度方向へ放たれたしだれ花火、その合間を縫って垂直方向へ、そしてまた45度。最後に大きく開く青い花火。まるでノヴァ。宇宙の爆発、星の創生を見ているよう…。

途中からでしたが、すごく満足。でもやっぱり全部ちゃんと見たかったなあ。残念。かなり感動。一昨日の夜、何の花火だったのか調べなかったことを激しく後悔。

彼らのHPを見ると、メンバーは建築家、役者、ミュージシャン、写真家、エンジニア、ダンサーなどなど。なるほど、ただの花火大会じゃないわけだ。芸術的なのも頷けます。でもちゃんと訓練を受けているらしいです。やっぱり危ないもんね。

日本の夏の花火大会も大好きだけど、今回の花火は、今まで見た中で一番感動しました。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。