スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Journees du Patrimoine

 2005-09-17
昨日の夜、友人から電話があり「エリゼ宮を見に行かない?」と誘われました。
というのも、今日と明日はJournees du Patrimoine(歴史文化遺産の日…と訳していいのかしら)で、普段は入ることができない国所有の建造物を見学することができるのです。これは1984年(当時の文化大臣はジャック・ラング)から始まり、今年で22回目。

宿題に追われる身なので残念ながらお断りしましたが、そういえば丸3日、一歩も外に出ていないことに気がつきました。文字通り。敷居をまたいでいません(ちょっと意味が違う)。建物の外はおろか、ごみ捨て(地下にある)も郵便物のチェックにも行ってない(同居人が行ってくれました)…。

それはともかく、友人は大統領官邸であるエリゼ宮と首相官邸(マティニヨン舎)、グラン・パレを見たいと言っていました。
エリゼ宮とオテル・ド・マティニヨンは例年大人気の場所。それから国民議会も人気があるそうです。

la-nef-du-grab.jpgそして今年の目玉は5年間の修復工事を終え、再開したグラン・パレ。そのうえ、十字型の回廊はなんと12年間も修復のために閉鎖されていたそうです。中央には、17世紀のヴェネチアの修道士、ヴィンセンゾ・コロネッリがルイ16世のために作った二つの地球儀が空中に吊り下げられ、話題を呼んでいます。この地球儀は、この後、国立図書館へ移される予定なので、特別展示です。

20時のニュースでも報道されていましたが、びっくりしたのはエリゼ宮ではシラク大統領とベルナデット夫人が自ら見学者たちを出迎えていたこと。友人はシラク大統領に会えたかしら~~。行けばよかったかな~~。(←ミーハー)
しかし、大統領が姿を現わしたのは10時から少しの間(10分程度)だけだったみたい。
それにしても、やはり人気の高いエリゼ宮は長蛇の列で、11時には3時間待ちだったとか。一番乗りの人はなんと5時頃から待っていたらしい…。
友人は無事に見学できたのかしら…。

ところで、昨日の電話で「急に寒くなったから気をつけて」と言われて、外に出ていない私は気温の変化に気付いていなかったのでびっくりしました。しかし、さすがに今夜は急に寒くなったことを感じずにはいられない!
長時間、外で並んで風邪をひいたりしませんように…。

参照:Yahoo Franceより
Journees du Patrimoine: 15.480 sites ouverts cette annee aux visiteurs(AFP)
    Le Mondeより
Journees du Patrimoine : M. et Mme Chirac saluent les visiteurs a l'Elysee(AFP)

見学されたい方はchaosmosさんのところで見つけた文化省HPを参照されると役に立つかもです。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。