スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

総選挙について、ではないことについて

 2005-09-15
日曜から日本の総選挙のことが大変話題になっているようですね。(っていうかもう終わった?)
敢えてまったく触れないでおこうと思いつつ、やっぱり世間に流された。というか。何故書かないかについて書いておこうと思いました。

日本の総選挙、小泉さんのことはLe Mondeの記事にもなっていたので、それを要約してみるのもいいかな、と考えたのですが、時間がなかったのと、正直言って読むのが面倒くさくて、やりませんでした。

面倒くさいというか、読む気がしない。読みたいと思わない。
総選挙についての意見や分析を書いているブログは沢山あって、いくつか参照させていただいたけれど、なんというか…「そうなのか」という感じで。
どういった見解が的確なのかという判断もできない。

とりあえず、内田樹氏の「勝者の非情・弱者の瀰漫」と、Le Monde支局長、フィリップ・ポンス氏のチャット録を読むと、弱い者はどんどん見捨てられていく社会になっていくようだ。
それから、日本のTVはお笑いと食べ物ネタばっかりで政治家は上手く利用していないと思っていたけど、全く間違い。郵政民営化賛成の有権者票獲得プロパガンダは広告代理店と手を組んで広くメディアを通じて行われていた?(猫屋さんのところで見つけた。Le Mondeの記事一部翻訳もあり。助かります。)
小泉首相の実体のない人気だけで自民党が圧勝したというのは本当らしい。
それ以上の難しいことはわからず。分析するだけの知識も能力も欠如。

総選挙について、ではないことについて の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。