スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

La main sur le coeur pendant la Marseillaise

 2005-09-08
昨日はワールドカップ予選、フランスチームには大事な試合でした。
(私は外出していて見ませんでしたが。)
敵地でアイルランドと対決、1-0で勝利をおさめ、同グループ1位のスイスと並び、16ポイントを獲得。(って、実は表の見方、よくわからないんだけども…。)

20050909014226.jpgところで、昨日の試合前、メンバー全員が左胸に手をあてて国歌斉唱。
これは昨日の朝、シラク大統領がフランスチームのキャプテン、ジダン選手に「特別にやってくれないか」と電話で直接頼んだとのこと。
大統領への敬意とフランスへの連帯感を示すこの行為に、試合を放映中のTF1の解説者も感動していたとか。

ところが、この電話、実はシラク大統領ではなく、物真似で有名なジェラール・ダアンが「Rire et Chansons」(「笑いと歌」…ってなんて直球なネーミング…)というラジオ局の番組の中でやった冗談だったそうです。

ジェラール・ダアンは、一年前、首相の連絡補佐官が未成年の売春に関与した容疑で逮捕されたときにも、ラファラン首相(当時)にドスト・ブラジー保健相(当時)の物真似をして「知らないうちにブローニュの森(売春婦がいることで有名なところ)で写真を撮られた!」と電話をかけたそう。

シラク大統領からの電話が実は物真似だったとわかり、ドメネク監督はインタビューで、選手達がフランスの観念、大統領への敬意、チームへの情熱などを示した美しい行為だったと思うと述べ、「こんなふうになって(冗談だったことを)残念に思う。あれはフランスチームの偉大なときだった。後悔はしません」「それが可笑しいと思う人に騙されることを受け入れなければいけない」と言いつつも、やはりすっきりしないようで最後に「もう面白がるのはおしまい。もういい。これについてあれこれ言うつもりはない。勝手にしろ」と付け加えたそうです。

それにしても、フランス人って人をだまして面白がるのが好きで、私は趣味が悪いな~と時々嫌気がさしてしまいます。
フランス人ってどっきりカメラみたいなやつとか大好きですよね。

今回のジョークは許される範囲かなあ~。でも、人の好意や誠意につけこむような悪ふざけは、見ていてやっぱりあまり気持ちが良くないです。

参照:Yahoo Franceより
「Quand Zidane entend des voix...」
    Le Mondeより
     (ラジオ番組内の録音をダウンロードして聞けます)

「L'equipe de France victime d'un canular telephonique」

追記:レアル・マドリッドの発表によると、ジダンは怪我で3週間休むそうです。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。