スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

C'est la rentree!

 2005-09-01
9月1日!
やっぱり「新学期」って感じがします。
今朝、地下鉄の切符売り場は長蛇の列でした。まあいつも月の初めはそうなんだけど、今日は更に混んでいたような気がします。あくまでも気がするだけかもしれませんが。
学校(大学を除く)は明日から新年度が始まります。

050901194304.dcmnrvpu0_dominique_de_villepin_en_conference_de_presse_le_1b.jpg今日はド・ヴィルパン首相が休暇明けの政治プランをしました。
首相の就任し内閣再編成から100日で効果をあげると言っていましたが、フランスの苦境がそう簡単に持ち直すはずがないわけで。その100日目が9月8日にあたります。その日を前に、首相は7・8月の失業率の低下に「最初の結果」と満足を表明しました。

さて、今日発表された計画によると、個人または家族への援助・支援金が追加されるようです。以下、箇条書きにします。

*石油による暖房を設置している家族へ75ユーロの小切手配布
  これは所得が課税対象以下の家族に限ります。
  石油の高騰への対処です。
*雇用手当て(La prime pour l'emploi)が50%アップ
  今まで、所得が課税対象に達しない家族に配当されていた雇
  用手当ては一年に一度支払われていたのですが、これが月割
  になり、配当額もアップします。
* 再就職手当て(La prime de reprise d'une activite )
  長期間失業していた人が再就職した場合、手当てが出ます。
  ただし、逆に再就職や職業研修を拒否した場合や闇労働が
  発覚した場合は、はそれまで得ていた援助(失業手当など)が
  打ち切られます。
*2007年からの所得税率の引き下げ
  2007年に申告し徴収される所得税(つまり2006年の収入にか
  かる税金)から、税率対象分割が現行の7から4区分になり、
  収入額によっては税率が下がります。主に中産階級を対象に、
  税率が下がるようです。


こんなところでしょうか。
ちなみに、ド・ヴィルパン首相は、大統領選への出馬について「全く考えていない」と表明。サルコジ内相とのライバル関係も否定、寧ろ「補足的関係」であり、今のところは「フランス国民のために尽力する」ことしか頭にない、とのこと。

参照:Yahoo Franceの記事
「Face aux defis, Villepin enclenche la phase II de son gouvernement」 (AFP)
「Villepin: "je n'ai aucune ambition presidentielle"」 (AFP)
    Le Mondeの記事
「Les mesures du plan de "croissance sociale" version Villepin」

※9月2日 わずかに修正。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。