スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Bracelet electronique

 2005-09-28
折りしも先日、管理社会について拙く思いを馳せたところでしたが、Le Mondeを開けてみたらBracelet electroniqueについての記事が。
コレ、なんて訳すんでしょう。直訳すると電気腕輪だが。わからんのでそのまま。

この電気腕輪は、先日の記事に書いた人体埋め込みチップと同様、GPS(全地球測位システム)を使って、装着している人の居場所がわかるような仕組みになっている。おお管理社会。パノプティコン装置。

で、なぜこれが話題になったかというと、性犯罪の再犯が問題となっており、それを防ぐための手段として、刑期5年以上を受けた性犯罪の前科者にこれをつけさせるという法案を法務大臣が発表。が、これが憲法に抵触する可能性があるということで問題になっているそうです。

クレマン法務大臣の発言にも問題があったらしいですが(憲法評議会に目をつぶってもらってでも新法を成立させるべき、とかなんとか)、違憲の可能性はどこにあるのかが気になりました。それは過去の犯罪に対する遡及性の問題なのだそうです。
法務大臣は、この電気腕輪を、刑罰の代替としてだけでなく、出所してからもつけさせるという案を盛り込んでおり、つまり刑務を終えた前科者に腕輪をつける義務を課すわけで、その点に強い反発が起きているようです。
しかし、法務大臣によると「電気腕輪の装着は刑罰ではない。出所者に伴うことができる措置、安全性への措置である。よって犯罪遡及性については私が意図したところのものではない。」とのこと。
つまり、GPSでいつでも居場所を確認されることが刑罰であるかどうか、が焦点になるような気がします。
どうなんだろ。

とりあえず、神が死に、父親の権威が崩壊して厳格な超自我も形成しなくなった時代にあっては、「いつも監視されている」ということの効果はあるのかも…。あるのかな…?あまりないような気もする…。

参照:Liberationより
Pascal Clement defend le port du bracelet electronique
   Le Mondeより
「Bracelet electronique : la question du respect de la Constitution souleve une vive polemique」
   Yahoo Franceより
「Delits sexuels: Pascal Clement veut rendre le bracelet electronique retroactif」(AFP)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。