スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

L'incendie du XIIIe arrondissement de Paris

 2005-08-29
先週の金曜日、パリ13区の建物で火災があり、17名(うち子供14名)が死亡するという惨事となりました。

この建物は、住居が見つからない移民系家族(いずれもアフリカ系)に一時的にあてがわれたアパートでした。12のアパートには、かなりの人数が住んでいたそうです。
火災の原因はまだわかっていないようですが、地階の階段下付近から発火したらしく、最上階の窓が開いていて空気の通りがよく、吹き抜けとなって火が燃えあがったのではないか、とみられています。

この火事で浮上したのは住宅の問題。
実際、例えフランス人でも、収入が平均より下であれば住居争奪戦において既に不利な立場なのに、外国人ならそのハンデは悲観的になるのに十分。(その辺は経験済みですから…。)
また、パリとその近郊の家賃は高騰している。
とまあ、自分の周りで具体的にすぐに実感がわくのはその程度なのですが、ニュースによると、現在の状況はピエール神父が援助を呼びかけた1954年の状況に匹敵するほど悪いそうです。ピエール神父の支援団体によると、110000人がパリで公共住宅の割り当てを待っている状況で、中には仕方なく不衛生な住宅に住んだり、狭いところに大人数で住んだりしている人たちもいるそうです。

参照:Yahoo Franceの記事

L'incendie du XIIIe arrondissement de Paris の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。