スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「アメリカの友人」

 2005-08-24
仏独合同芸術系インテリ系TV局、ARTEで、8月はヴィム・ヴェンダース映画を毎週放映しています。「ベルリン・天使の詩」など見逃してしまった。
先日「Dead man」を観たときにヴェンダースのことなど思い出してしまったので、記憶が薄い「アメリカの友人」を、良い機会なのでもう一度観なおしました。

20050824232052.jpgストーリーは、ハンブルグに住む、血液の病気に侵された額縁作りの職人が、アメリカ人の美術商と知り合ったことから始まります。そのアメリカ人、トム・リプレーはマフィア絡みのフランス人、ミノから殺人の相談を受け、余命少なく金が入用であろう額縁職人、ヨナタン・ジンメルマンに依頼することを提案、接触をはかります。ミノはヨナタンを病院で検査をするという口実で呼び出し、殺人を実行させようとします。そこからジンメルマンとリプレーの奇妙な友人関係(?)が発展する、という、まあFilm noir(んんん、日本語でこういうのなんていうのだっけ??)というやつですね。

しかしね、やっぱりイマイチでした。「面白い!」とは言えない…。
デニス・ホッパーは出色でしたけれども。
どうもたらたら長いんです。ヴェンダースの他の映画もそういうのあるけど。
それから、フランス人の役者(ジェラール・ブラン)、英語の発音が悪すぎ!聞いているのが辛かった。

「アメリカの友人」 の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。