スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

L'evacuation de Gaza

 2005-08-18
シャロン首相が決断したガザからの入植者撤退が、地区によってはその期限となり、軍隊による強制退去が報道されています。

イスラエルの歴史は、その建国に始まりパレスチナ難民+アラブ諸国との抗争の歴史だと把握してよいのでしょうか。私は恥ずかしながら世界情勢に疎く、詳しく知らないのですが。(それ以外にも疎いものだらけだけど…。)

撤退を拒否して座り込む人々は、住民だけではなく、連帯のために他所から入ってきたユダヤ人もたくさんいたようです。
よく知らないと言いつつ同時にあれこれ言うことはできませんが、今回はユダヤ人同士の衝突でありながら、今までのパレスチナ人との諍いと根は一緒のような気がします。
政府の命令に従い、力で市民を抑えざるをえない軍隊のイスラエル人たちは、同朋にひどい批難や侮蔑の言葉でなじられたり、ペンキや砂、果ては化学薬品らしきもの(肌を刺激させる液体)をぶっかけられたりして、攻撃されていました。彼らの中にはトラックの陰で泣いている人も。しかし、「それらの批難は自分に向かってではなく、その背後にある政府に向かってだと感じた」というコメントもあり、今後、政府に対する不満が高まったり、イスラエルが内部分裂していく可能性もあるのかな、と考えたりしました。
もしも、本当にガザでのイスラエル人たち同士の衝突がパレスチナ人たちとのそれと同根のものであるとしたら、衝突はなくならず、その位置が変わるだけなのではないか…と思ったり。

先月だったか、元イスラエル兵の19歳の青年がバスの中で乱射してアラブ人を射殺したとか、昨日は入植者が発砲しパレスチナ人4人が死亡したとか、テロ以外の、市民のおかしな行動になにか奇妙な感じを覚えました。テロの心理より一般市民の突発的攻撃心理の方がわからない。イスラエルの問題は深いところに到達してしまっている印象を受けました。

ところで、三日前にFrance3(フランス国営放送3チャンネル)の音声担当の男性が、ガザ地区で武装した若者に拉致されました。犯人はパレスチナ人らしいのですが、要求も声明もなく、消息不明。無事に解放されることを祈ります。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。