スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Les personnalites preferees des Français

 2005-08-13
8月14日付Journal du dimanche紙によりますと、フランス人の好きな人物ナンバー1はジダン、ではなくて、ヤニック・ノアだそうです。

20050813234100.jpgヤニック・ノアは元テニス・プレイヤーで、1983年、ローラン・ギャロスで優勝して一躍人気者に。その後、歌手に転向。1990年の「サガ・アフリカ」は売れたらしいです。

今回のアンケートでは、ジダンがとうとう1位の座を退いてヤニック・ノアに譲り渡すという結果になりました。しかし、このアンケートは、ジダンがフランスチーム復帰宣言の前に行われたそうなので、もしもうちょっと時期がずれていたらやっぱりジダンだったかもなあ。
それにしてもヤニック・ノアってそんなに人気があったのか~とびっくりです。

他には「Charles Aznavour, Nicolas Hulot, soeur Emmanuelle, Renaud, Michel Sardou, Florent Pagny, David Douillet et Simone Veil 」だそうです(完全コピペ)。うーん、よく知らない人もいるのですが、おおまかに分けてスポーツ選手、歌手、人道主義者…といったところでしょうか。

また、イラクで160日間拉致されていたフロランス・オブナ記者が初登場で12位だそうです。同じく初登場に、オリヴィエ・ブザンスノ君(LCRリーダー)がトップ50入りしました。政治家ではブザンスノ君とベルナール・クシュネールのみが名前を連ねているそうです。シラク大統領やサルコジ内相は入ってないんですね。
(何故かブザンスノ君だけ「君」づけ。)

先日、ピエール神父が、フランス人が好きな人物ベスト10に入ると書きましたが入ってませんね。あは。代わりといってはなんですが、シスター・エマニュエルが入っています。よく知らなかったので検索しましたら、ベルギー人だそうで、子供時代に父親を亡くすという辛い体験から、恵まれない子供達を援助するために尽力。エジプトやトルコで文学と哲学の教鞭を執り、退職後はカイロの貧民街で貧しい人々のために日々頑張っているそうです。現在74歳だそうで、ピエール神父より若いけれど…もうおばあちゃんですよねえ。すごい。
それにしても、神父とかシスターが好きな人物ベスト10に入るというのは、やっぱりカトリックの国なのだな~と思いました。

ところで、こういうアンケートで名前が挙げられる人物って、人道的なアクションをしている人、または人道主義者の面影のある人が多いとういのがフランスの傾向のような気がします。フランス版24時間テレビ「Telethon」に出たりとか。ちなみに、上に挙げたベルナール・クシュネールはお医者さんで「国境無き医師団」の創設の中心人物です。
あと、自然が好きな人、冒険者も人気があるみたい。4位のニコラ・ユロ(Nicolas Hulot)は大自然を追うTV番組「Ushuaia」のレポーター。

でも、8位のフロラン・パニー(Florent Pagny)は大儲けしてるくせに税金の支払いで不正(つまり脱税)が見つかった歌手なんですけどねぇ…。

(参考:Yahoo Franceの記事
    シスター・エマニュエル(soeur Emmanuelle)
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。