スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「黒い雨」、「L'ARBRE DE NOEL」、つまり原子爆弾のこと

 2005-08-11
今日はちょっと帰りが遅く、ご飯を食べながらTVをみよー(お行儀が悪いですか)とチャンネルをまわしたら、ARTEで「黒い雨」をやっていました。もう始まっていたので、なんとなくちゃんと観る気がしなくて、他を探すとFRANCE3でも映画。「L'ARBRE DE NOEL」(監督:テレンス・ヤング)というフランス-イタリア映画でした。
「黒い雨」は以前に観たことがあるのですが、あまり印象に残っていません。田中好子(スーちゃん!)がなかなかの好演だと思ったのと、「笑っていいとも」でロケが山奥だったので撮影中は生活が不便で大変だったと話していたなあということくらいしか覚えていない。あと、鯉がはねて気が狂うとこ。なぜそれほど印象に残らなかったかというと、自分が知っている反戦思想の範囲・その視点でしか観ていなかったからだと思います。それと深夜で眠かったから…。今村昌平のあの淡々としたリズムは眠い時には辛い、と言い訳。
「L'ARBRE DE NOEL」の方は、もう…最初から「なに、このわざとらしい演技?」と思いながらも観ていたのですが、とうとうつまらなくなってチャンネルを替え、でもやっぱりちょっと続きが気になる、ってことで、結局「黒い雨」と交互に観ていました。(こういう映画の観方って間違ってるよなあ~と思いつつ。)ストーリーは、母を亡くし、父親とコルシカ島へ夏のヴァカンスに出かけたパスカル少年が、海で遊泳中に軍用機の事故を目撃、そこに積まれていた原子爆弾が爆発し放射線を浴びて不治の病になってしまい、父親はパスカルを連れて田舎のお城にひきこもって最後の日々を送る、というものでした。
なるほど~、「黒い雨」も「L'ARBRE DE NOEL」も原爆関連なのか、もしかしてフランスもちょっと関心度を高めようとしてるのかな?なんて思いました。
しかし、「L'ARBRE DE NOEL」は「子供可愛い」ばっかりで、あんまり原爆に関係がなかったなあ。一応、番組宣伝はそれに出ているブールヴィル(Bourvil)という俳優の映画をやりますということだったし。
この二つの映画の違い、「黒い雨」がユーモアを交えながらそれで逆に物悲しさがじんとくる現実味のある映画なのに対し、「L'ARBRE DE NOEL」は不治の病の子供とそれを見守る父親という悲劇なんだけど「物語り」でしかない映画。両者の共通点は原爆による被害にあるのですが、前者は原爆と戦争そのものを問うのに、後者にとって原爆は物語の単なる契機でしかない。ここに原爆被害を実際に受けた日本と、原爆実験を続けていたフランスの姿勢の違いが現れているような気がしました。勿論、アラン・ルネの「ヒロシマ・モナムール」のようなフランス映画もあるわけですが。

「黒い雨」、「L'ARBRE DE NOEL」、つまり原子爆弾のこと の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。