スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Une revelation de Zidane

 2005-08-10
先日の記事にも書きましたが、ジネディン・ジダンがフランス・チームに戻る決意を表明しました。
これに関するジダンのインタビューを「フランス・フットボール」誌が載せたのですが、なんだかやたら謎めいた発言。以下、翻訳します。(多少の意訳含む。)

「ある晩、深夜3時に突然目が覚め、僕はある人物と話をしました。でもそのことは誰も知りません。妻も、誰も。」
「そう、それは謎です、でもあまり探らないでください、あなた方にはわからないでしょう。それはあなた方が絶対に会わない人物です。僕自身、この出会いを説明しようと思いません。この人は存在しますが、すごく遠くからやって来ました。」
「そして何時間もの間、自分のうちで、僕はその人と二人きりでいました。そして戻る本当の決意をしたのです。(…)こんなことは未経験のことで、まるで僕の行動を命じるこの力に無力化されたみたいでした。そして啓示を受けました。僕は突然根源に戻りたくなったのです。(…)そのとき、それは僕をわしづかみにした抑えきれない力でした。僕は助言してくれたその声に従うことになっていたのです。」
(翻訳がうまくないと思いますが、それは勘弁…。誤訳がありましたらご指摘よろしゅう。)
これ↑は抜粋で、France2のサイト記事より引用。

昨日の夜のニュースでこれを見たときには、「はあ??」って一瞬あっけにとられました。ニュースでも「神秘的な発言」って言われていたし、「神か…??」と思っていたら、今日の夜のニュースでこうした見方に対するジダンの否定が報道されていました。
実際は、それほど謎な人物ではなく、ただ個人的なことなので話した相手が誰だったかは公にしたくなかったそうなのですが、このインタビューが宗教がかっているとかおかしな方向に解釈されたので、へんな噂や評判を断ち切るために事実を発表。話した相手は兄(弟?)だったそうです。
「僕はずっと明白だったし、ひとがこの記事を読むとき、最初から最後まで僕ははっきりとある人物について語っていて、宗教人物とか神秘的な何かではありません。」との弁。
まあ読みようによっては…夜中の3時に突然目が覚めて人と話したとかさあ…「力」とかさあ…。へんにとられても仕方ないような気がするけど。
本人の公式ホームページを読むと、かなり怒ってるみたい。で、こんな反応にはもうこりごり、これからはもう必要最低限のことしか言わないっ!ってちょっとつむじを曲げられたようです。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。