スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「Dead man」 追記

 2005-08-02
観てから時間が経っちゃいましたが、「デッド・マン」再考・追記です。

ジム・ジャームッシュの映画、考えたらあんまり観ていない。でも思い起こすと、なんとなくヴィム・ヴェンダースに近いものを感じます。と思ったら、ジャームッシュはヴェンダースの助手を務めていたらしい。
何が近いかというと、「異邦人」感。主人公たちが、なんとなくその土地、周囲に馴染んでいない、どこか浮いているような存在。ヴェンダースはフランスに留学して映画を勉強していたときに異邦人体験をしていると思うのですが、ジャームッシュは??アメリカ生まれのアメリカ育ち、学校もニューヨークですよね。まあアメリカっていってもめっちゃ広いわけだから、ニューヨークで異邦人体験をしたのかも?
そうでなくても、多分、生まれながらにして、どこか世間と馴染めない、なんとなく自分は周囲から浮いている、と感じる人はいると思います。それが性格や気質のせいだったり、家族の歴史のせい(移民家族であるとか)だったりするかもしれませんが。
私は、そういう異邦人感のある作品って結構好きみたいです。他に?と聞かれるとぱっと思い出せませんが…。そういえば大好きなジョン・アーヴィング、小説家ですが、オーストリアだったかドイツだったかに留学した体験が作家としての自分に大きな影響を与えたと言っていました。(「ホテル・ニューハンプシャー」ではウィーンに行くし、「ウォーター・メソッド・マン」でもたしかそっちの方へ行く。そして乗るのはルフトハンザ。)

そしてもうひとり、「デッド・マン」を観ていて思い出したのがアキ・カウリスマキ。なんかユーモアセンスがすごく似てる気がしました。たしか「ナイト・オン・ザ・プラネット」では、ヘルシンキ編でアキ・カウリスマキが出ているのではなかったっけ。なんとなく気が合いそうな二人。

「Dead man」 追記 の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。