スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「Charlie et la chocolaterie」

 2005-07-17
2週間ほど前、地下鉄の通路でみかけたポスターに、思わず眉根を寄せてしまいました。
こんなの↓
affichewillywonka.jpgafficheaugustus.jpg


こっこわいっ!

特に右。メルヘンに見せかけてホラーだわ。
なにコレッ!?ま~た子供だましハリウッド夏休み映画?
20050717225457.jpg
と思ったら!

ティム・バートぉぉン!!

おぉ、このメルヘンでありながら毒々しい感じ、なるほどぉ~、とすぐに納得。よくよくみるとこのポスターもなかなか凝ってるじゃーん。よし、久々に映画館に観に行っちゃおっかな~(mixiの趣味の欄にも「映画鑑賞」って書いた事だし。)

ってなわけで、珍しく公開前から楽しみにしていた「Charlie et la chocolaterie」(原題「Charlie and the chocolate factory」)を観て来ました。
(そういや、ポスターで観に行く決意したのって「アメリ」以来。)
ちなみに同居人はティム・バートンに興味なし。「観に行く~!」って意気込んでいたら「好きだねえ」と不思議そうな顔された。ちぇっ。

ストーリー:長い間その門を閉めていたウィリー・ウォンカのチョコレート工場に、ゴールデン・チケットを手にした5人が招待されることになり、世界中は大騒ぎに。ゴールデン・チケットはウォンカのチョコレートに隠されているのです。お金はないけれど、みんな優しくて思いやりがある暖かい家庭で育つチャーリーは、そのチケットを手に入れることを夢見る。しかし、次々とチケットを手にした子供が発表され、あと残り1枚に…。
さて、招待客たちはチョコレート工場で何をみるのか?
5人の子供のうち1人だけに与えられることになっている「特別賞」とは…?


「Charlie et la chocolaterie」 の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。