スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

困難な選択

 2005-07-15
以下の記事を読み、やっぱりこの人はどっか足りないと思った。
まず読売新聞
それから朝日新聞
ついでに産経新聞

たしかにフランス語を習い始めた頃は70以上を覚えるのに困惑したことは否定できませんよ。でも今となっては「80」って見たら無意識に「4×20」だし。フランス人はそれを無意識にやっていて困難を感じないのに、「阻害」と言われてもねえ。フランス人にとってはそうでなくても他の国の人にとってはそうなんだから国際的に阻害だ、って言うんなら、すごいグローバリズムだなと思う。
文法が違う、数の数え方が違うってことは、考え方、論理のたて方も違ってくる。論理の多様性、それって重要な事だと思うのですが。

それに、そんなこと言ったら、他国の人間には理解できない無意識的決まりごとっていくらでもあるわけだし。意識レベルだけで他文化を批判すんな。
ちったあレヴィ・ストロースでも読んでおくんなせぃ。

とにかくこの人の挑発的発言の発想は単純に過ぎる。

しかし、西にサルコジ、東に石原。次期都知事選でまた石原慎太郎が当選したら、日本へは当面帰らないよ。といって、サルコジが大統領になってしまったらフランスもイヤだし。
困った。

って、私は別に都民じゃないからいいのか…。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。