スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

14juillet

 2005-07-14
今年の14juillet、またもや起きてTVつけたらパレード終盤、でした。ちょうどヘリコプターが飛んでいき、戦闘機が緑と黄色の煙をはいていた。
まあいいけどさ。

そして13時、サイレンが鳴り響き、隣の部屋で聞こえていたTVも静かになった。ロンドンのテロ犠牲者のための黙祷。

その後、14juilletお約束の大統領演説、そして公開インタビュー。私は他のことをやっていてみませんでしたが。後で新聞かなにかでチェックしよう。

なんとなく今日はいつもよりパトカーのサイレンが多かったような気がする。

夜、珍しくその気になって、エッフェル塔の花火を観るために外出。コンコルド駅で降りて、セーヌ川沿いへてくてく歩いていきました。橋の上には人が鈴なり、塀の上は座って待機する人で埋め尽くされている。
かなり歩いて、結局アルマ橋の下まで行きました。
始まりはエッフェル塔のてっぺんから火を噴いて、一瞬、誤って火事?と思ってしまいました。思うに、オリンピックの聖火塔をイメージしたのでは…。選考からもれたというのに…なんだか物悲しい・…。
しばらくして、花火に合わせてエッフェル塔のキラキラした電飾が点き、観客からは思わず拍手が。
時々エッフェル塔からも花火が噴き出て、ちょっとトサカっぽい。国鳥のにわとりか?豪華な羽を背負うLIDOのダンサーみたいにも見えたけど。
しかし、エッフェル塔のふもとでは音楽と合わせてやっているけど、私のいた場所までは聞こえてこないので、妙な間を感じてしまいました。なんとなくだらだらマターリと見物。
花火は、やはりフランスカラーが中心のように感じました。赤・青・白。それからブラジルカラーの緑と黄色(オレンジ色に見えたけど)の花火も。
しめくくりは赤・青・白・緑・黄色が入り混じってのフィナーレ。
観客から拍手喝采。セーヌ川に浮かんだ船が汽笛を鳴らしていました。

ところで、今日花火をみたところはセーヌ川遊覧船Bateaux mouchesの乗り場の近く。花火をやっている最中も運行していて、エッフェル塔の方へ走っていきました。来年は遊覧船に乗って見物、っていうのもいいかも~。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。