スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

mon conseiller financier : 2eme fois

 2005-07-28
先日、口座開設の件でまた郵便局に行ってきました。
今回は、既にもっている口座からお金を移すだけなので、その手続きの書類にサインするだけで終わり。その前に一応、口座がちゃんと開けているか確認。用事はそれだけ、2分で終了。

で、担当は相変わらず例のお兄ちゃんです、日本に興味があるという。(先週の記事をご覧下さい。)今回も「ちょっと日本について話をうかがってもいいですか?」と言うので、「ええまあ」と答えたものの、何をどう話せばよいのかわからずちょっと困りました。

とりあえず、また「哲学」とか「思想」とかなんとか言うので、FNAC(CD、DVD、本を扱う大型チェーン店)でも売っているという「葉隠れ」というのが面白いらしいと教えました。自分は読んだことないんだけど。なんかわかんないけど、そういうオリエンタリズムがこの人には受けそうだと思いまして。「葉隠れ」は、ジム・ジャームッシュの「ゴースト・ドッグ」に出てくるそうで、そう説明したら「あ~観たことありますよ、あれは面白かった!」と言い、タイトルをメモ。

それから料理の話。彼は日本料理を食べたことがないと言う。中国人経営のお手ごろ価格日本食レストランが雨あがりの竹の子のようににょきにょき出来ている昨今、珍しいよなあ。ほんとに日本に興味あんのかあ?とうっすら疑問に思いつつ、まあそういうタイプの人ってありがちといえばありがち。誰でも知っていそうなので「寿司、知ってます?」と聞いておきました。とりあえず、彼もそういうものがあることを知っているらしい。生の魚を食べるということにやっぱり抵抗があるような表情を浮かべていました。
しかし、こうなってくると半分面倒くさくもあり、半分面白くもあり。何を思ったか「猫とかねずみは食べるの?」と聞くので、マクドナルドの肉…と連想したのですが、彼は話を続けました。「昔、知り合いが中華料理の店の地下でねずみをたくさん飼っているのを見たという話を聞いたんですよ」と言うので、ああやっぱりマクドナルドの肉…と苦笑。しかし、実際の話、中華の惣菜モノは信用できなかったりするわけで(もちろん、全ての中華がそうなのではないけれど)、これはTVのルポルタージュでやっていたので最近結構有名。普通のアパート一室、不衛生な環境で不法滞在者がせっせと格安春巻きを作っていたり、中華レストランの裏側では調理台で雑巾同様の汚い布を使っていたり…。で、彼もその話を思い出したようで「衛生面はどうなんですか?」と。「日本は衛生にはとても関心が高いです」と答えました、が…内心、言ってやりたかったですよ、フランス人の方がよっぽど衛生観念がなってないって!どうしてトイレを出るときに手を洗わないんだ!!

なんかねえ、もう段々疲れてきちゃって。どういうことに具体的に興味があるのかわからないからつまらない説明してるかもしれないし…と思うと。なんとなく脱力。

日本好きといっても色々と程度や範囲ってものがありますよね。思想が好きなのか、食べ物が好きなのか、アニメオタクなのか…。まあ、彼の場合、「単なる趣味」とみた。しかしそれでは範囲が広すぎるよ~。

しかしこの人の話をしてみたら、周りのフランス人の反応(といってもサンプル2名)は、「ナンパ?」。
ナンパ…と断定できるほど明らかでもないのですが…とか言ってるから日本女子は甘くみられるんだろうか。だって私、ナンパされるタマじゃないんだもの。

まあ口座開設も一件落着したことだし…とほっとしていたら、また電話。サインが足りなかったらしい。う~む…またあのお兄ちゃんに会うのかぁ…と思うと正直言ってちょっと憂鬱だ。
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。