スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Medecin traitant

 2005-06-30
明日から「medecin traitant」制度が施行されます。
日本語では何と訳されているのか知らないのですが…「主治医制度」?

つまりは、自分のかかりつけのお医者さん、自分の主治医を決めなければいけない制度です。いや、「決めなければいけない」わけじゃないんだけど。別に決めなくてもいいけどその場合は保険の払い戻し額が少なくなります。また、主治医を通さずに他の専門医へ直接行った場合、払い戻し額が少なくなります。但し、小児科医、眼科医、歯科医、産婦人科医、精神科医は例外。これらの専門医には直接診てもらっても払い戻し額は変わりません。

既に被保険者全体の40%以上の人が主治医を申請したらしい。そしてほとんどの人は一般内科医を主治医に指定したようです。まあ、一番よく行くお医者さんは一般内科医でしょうから、当然ですよね。

しかし、お医者さんに主治医になってもらうよう承諾を得るためだけに、病気でもないのに医者に行く人も少ないわけで、そういう理由でまだサインをもらっていないという人もたくさんいそうです。その場合、明日以降今年末までは、最初に主治医にかかったときに申請すればよい、とのこと。

それから、主治医を変更した場合、緊急の場合、居住地区と違うところ(旅行中など)で医者にかかった場合、主治医が休暇で留守のため代理の医者に診てもらった場合、それぞれ医者に頼んで保険申請用紙に必要事項を記入してもらばOK。つまり、主治医にかかったのと同じ率の払い戻しになるそうです。

参照:Le Monde 「cinq clefs pour comprendre la reforme」

Medecin traitant の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。